上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flashbackの感染マップ

先日から話題になっているMac向けのウイルスFlashbackですが、Kasperskyが感染した端末数をグラフィカルに紹介していました。

こちらから見れます。
http://www.securelist.com/en/blog/208193441/Flashfake_Mac_OS_X_botnet_confirmed
Flashbackに感染してbotとなっている状況をIPアドレス数で国ごとに集計しています。
日本は3800IP以上。アメリカなんて30万IP以上になっています。

バックドア系のウイルスは感染してもアンチウイルスなどで検知しない限りなかなか気付かないです。
Macアンチウイルスソフトがそれほど広まっていないので、身近にも気付かず感染している人がいるかもしれません。

最近は無料のソフトも数多く出ているので、入れてない人は、Flashbackのチェックを機会に是非いれましょう!
無料でFlashbackを検出できるアンチウイルスからピックアップしました。
Sophos
ClamXav
BitDefender

アンチウイルスを入れないチェック方法はf-secureのこのページを参考にしてください。
関連記事

テーマ : セキュリティ - ジャンル : コンピュータ

tag : virus Mac Flashback アンチウイルス sophos Kaspersky

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。